校長室より

ごあいさつ

静高生は卬高生(こうこうせい)

静岡高校は校訓である「卬高(高きを仰ぐ)」と三つの実践目標のもと、勉学に励み、豊かな感性と道徳心を備え、何事にも主体的に行動する生徒を育成すること、将来社会の様々な分野で活躍するリーダーを育成することを、教育目標としています。

「卬高」とは、その時その時の自分に満足せず、自らを成長させていくこと。高い志を持ち、日々の授業、学校行事、部活動等を通して、自らを高めていくこと。各自の選んだ道で、持てる能力を生かし発揮し、社会に貢献すること。このような意識を生涯にわたり持ち続けること。静高生には、卬高生(高きを仰ぐ生徒)であることを求めています。

私たち教職員一同、高大接続や入学者選抜等の教育を取り巻く状況の変化を捉え、時代の変化や社会の要請を念頭に、様々な教育活動を通して、生徒達の高い志と主体性を持った取り組みを引き出し、支え、育んでいきたいと思います。

静岡高等学校 学校長 志村 剛和