台風等による警報等発令時の対応

台風等による警報等発令時の対応

学校所在地(静岡市南部)及び自分の居住地の気象情報を確認の上、下記のように対応してください。

「暴風警報」が出ているとき

平日の場合 休日・休暇中の場合

①午前6時の時点で、学校所在地又は自分の居住地において「暴風警報」が発表されている場合
→午前11時まで自宅で待機する

①の場合
→午前11時まで登校禁止
②午前11時の時点で、学校所在地及び自分の居住地において「暴風警報」が解除された場合
→安全を確認して登校する
②の場合
→登校できる

③午前11時の時点で、学校所在地又は自分の居住地において「暴風警報」が解除されない場合
→学校所在地において解除されていない場合は休校とする
→自分の居住地において解除されていない場合は登校しない。(出席停止扱いとする)

③の場合
→登校禁止

その他の警報(大雨・洪水等)や注意報の場合

  1. 今後の気象情報や地域の実状等を家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。
  2. 安全に登校することが心配される場合は、自宅で待機するか状況を見て登校する。その際、必ず学校へ連絡を入れること。

上記以外で、自宅待機や休校とする場合はー斉メール配信で連絡する

◎保護者の皆様へお願い

  • 悪天候のため車で送迎する場合は、校内に乗り入れることはご遠慮ください。
  • 一般道路で乗り降りする場合は、周囲の交通を妨げることがないよう十分ご注意ください。
地震への対応

大規模地震に関連する調査情報(臨時)、注意情報及び予知情報(警戒宣言)発表時の対応

 1.登下校・在校時

  調査情報 注意情報 予知情報(警戒宣言) 東海地震発生(発災後)


徒の対応

登校時 〇生徒はそのまま登校。 〇注息情報を知覚した生徒は、速やかに帰宅し、自宅待機。
〇注意情報を知覚できなかった生徒は登校し、以後は在校生と同じ。
〇自宅待機とする。(保護者の管理または自主防の指示を受ける。) 〇 安全む場所にー時避難。
〇自主防での取り決めによって避難。
在校時 〇情報収集に努め教育活動を原則として統ける。 〇速やかに帰宅させ、自宅待機。

〇交通機関利用者等は安全な場所へ避雅誘導し保護管理にあたる。
〇その他の者は速やかに帰宅させ、 自宅待機。

〇安全な場所へ避難誘導し保護管理にあたる。
〇学校周辺の安全を確認した後、帰宅させる。

下校時 〇そのまま帰宅させる。

〇速やかに帰宅し、自宅待機。

〇自宅待機とする。 (保護者の管理または自主防の指示を受ける。) 〇安全な場所に一時避難し、 速やかに帰宅、保護者の管理に任せる。
〇自主防の指示を受ける

2.在宅時

  調査情報 注意情報 予知情報(警戒宣言) 東海地震発生(発災後)


徒の対応

平日

〇特になし

〇自宅待機とする。(保護者の管理または自主防の指示を受ける。) 〇自宅待機とする。(保護者の管理または自主防の指示を受ける。) 〇自宅待機とする。(保護者の管理または自主防の指示を受ける。)
休業日 〇特になし 〇自宅待機とする。(保護者の管理または自主防の指示を受ける。) 〇自宅待機とする。(保護者の管理または自主防の指示を受ける。) 〇自宅待機とする。(保護者の管理または自主防の指示を受ける。)