ブログ

学校生活

令和2年度 第二学期始業式

8月25日(火)、今日から2学期がスタートしました。

放送による始業式で、志村校長は、夏休みに行われたエンパワーメントプログラムと、高校野球代替大会,高校生平和大使について話をしました。「エンパワーメントプログラムでは、12か国からの留学生と高校生が、コロナ渦を題材に、社会経済、グローバル化、新しい生活様式などの切り口から英語で討論をした。本校3年生が総合探究で取り組んだものと同じテーマをさらに深める有意義なものであった。感染状況に応じて各国や県毎に招聘の可否が刻々と変化する中で開催を準備した先生方に感謝したい。また野球大会は、観客が制限され、拍手や打球音が印象的な試合だった。静岡大会と同じく大会役員の尽力あってこその実現であった。二学期の教育活動にも試練が予想されるが、感謝を忘れず全力で取り組んでほしい。」と話しました。

防災講話で須藤副校長は、「津波てんでんこ」という言葉は、学校で、職場で、家族がそれぞれのところで自分の命を守るからこそ安心感につながっていると訓示し、防災意識を引き締めました。

 

静岡市内合同エンパワーメントプログラム 最終日

 本日を持ちまして、静岡市内合同エンパワーメントプログラム全課程が終了しました王冠

最終プレゼンテーションでは、生徒それぞれが、5日間での意識、行動の変容について熱く語りました。

協働・協調・主張・傾聴を学びながら、自らの変化に皆が気付く5日間でした。

 保護者の皆様には、ご協力、ご理解をいただき、ありがとうございました。

 

NEW 静岡市内合同エンパワーメントプログラム 第1日目

8/17~8/21まで、静岡高校を会場に静岡市内合同エンパワーメントプログラムが開催されます。

今年は静岡東高、静岡城北高校、清水南高校との4校合同の実施となりました。初日の今日は、まだまだ緊張している様子でしたが、これからの4日間で大きく成長していく姿が楽しみです。

令和2年度 第1学期終業式

8月4日(火)、放送による終業式を行いました。

 式の中で志村校長は、コロナウイルス感染症対策の休校により55日間の1学期となった。文化祭他さまざまな行事や学習活動が中止となり、3年生の進路、2年生の修学旅行、1年生の基礎習慣作りなど多方面に影響が及び現在も先が見通せない。このような状況下、「ネガティブ・ケイパビリティ―」という言葉が注目されている。決断や否認を行わず、不確実な状態や考えたくないことから眼をそむけず、宙ぶらりんの状態を、急がず焦らず耐えていく力である。3週間の夏休みであるが、社会の変化に関心を持ち、ネガティブ・ケイパビリティ―をもって有意義に生活してほしいと訓示しました。

 

熱狂!!応援パフォーマンス

 2020年7月8日の昼休み、本校テラスにて、応援指導部による応援パフォーマンスが行われた。

 当日の朝は豪雨に見舞われたが、昼には回復。前日からの順延となったが無事開催された。

 部長の糠澤万美さん率いる応援指導部がリードするパフォーマンスに、吹奏楽部や野球部、そして全校生徒が一体となって、大きな盛り上がりを見せた。

 

 

 パフォーマンスの様子吹奏楽部、全校生徒も

梅雨の雨も降りやます応援は、7月11日から開幕する『2020夏季静岡県高等学校野球大会』に参加する野球部員にも大きな励ましとなった。        (取材・報告 静岡高校新聞部)

 

 

パフォーマンスを終えて